身体も心もハッピーにする優しくたのしい料理を届けたい!

白砂糖不使用。添加物、アミノ酸や市販のブイヨンなどは使わず天然の旨味で料理を作っています


白砂糖やアミノ酸は今やほとんどの外食料理に使われています。

白砂糖にはさまざまな害があることが知られています。しかしこれを使わないと物足りない、使わないと病院食や修行僧の食べるような料理になると思っている方も多いのではないでしょうか。


身体に良くても美味しくなければ楽しくない。美味しくなければお酒にも合わないじゃないですか!と酒飲みシェフの私は考えます。

普通に食べても美味しくて、後から、ええっ?そんなコンセプトだったの?これが砂糖なしで作られた料理だったんだ~!と驚いてもらうのが いいなと思うのです。


普段はファーストフードが大好きな方が、たまに私の料理を食べてだんだんバルバルの料理の虜になっていく、、、ムフムフそれが私の野望です


固定店舗を持たない分、素材にコストをかけることができます


自分の子どもに食べさせたいものを使ってお客さんの料理を作りたい。それは料理人が誰しも思うことですが、商業料理は美味しさとコストを追求するあまり、なかなかそれができません。


私は三重で料理を仕事とするに当たり、店舗を持たないことを決めました。


バルバルにあるのは包丁一本?の料理人だけ。店舗維持経費は材料費は仕込みの労力と素材のグレードアップに回せるようになりました。


野菜や小麦粉などはその時の予算に応じてできる限りオーガニックのものを使用しています。


味噌や醤油はまっとうな製法で作られたもの、麹は国産のものを使います。


油はオーガニックの、圧搾法で絞った菜種油を鹿児島県から取り寄せています。この高価な油を揚げ物にも使います。

バルバルの揚げ物はサクサクで、お腹に優しいと評判です



スパイス使いや、外国料理のレシピを取り入れ、日本古来の調味料と融合させた、バルバル独自のワールドキュジーヌ

メキシコやアジアを旅して得た世田谷バルバルのレシピ。その人気メニューが出張料理の元になっています。メニューは多彩です。あるいは和風に、あるいはレストラン風に、あるいはより本場風に、お客様のお好みに沿った料理を提供させて頂きます。


野菜がおいしい!!

こちらに移り住んで地場のとれたての野菜を食べることができるようになりました。

野菜が甘くジューシーでその美味しさに心が震えました。

健康に育った野菜を使ってスープを作るとを作ると、本当に塩だけで滋味深いポタージュスープになります。大地の力は偉大で私の仕事はそれをお借りするだけだなと思います。

ご縁を頂いて2013年に三重県名張市に移住しました

東京都世田谷区でバルバルというメキシコ系のダイニングをやっていました。

 

この店は個性的な料理に合わせて、カジュアルなワインをセラーできちんと温度管理して安価に提供する、そのスタイルが地元のお客様に支持され、閉店までの16年の間幸せに営業を続けました。

 

 

41歳の時に娘が産まれ、そのあと東日本の震災を受けて、食に関する考えが変わってしまい、商業的な料理を作ることが苦しくなってしまいました。

 

娘をベビーシッターに預けての営業に限界を感じていたこと、自身が大きな病気を体験したことを機に、子育て環境を考え直して2014年、名張市へ移住しました。

 

 

名張は自然も美しく、人も温かで、移住者である私たち家族によいご縁をくださり、本当に幸せな毎日をいただいております。

アボカド博士と呼んでください♪

2012年くらいの時点までは少なくとも都内ではアボカドを一番知っている料理人だったのでは?と自負しております。


アボカドカルパッチョは全く傷や維管束の枯れのない(茶色いてんてんが出てない)状態で自家追熟させたとろとろのアボカドを使い、テーブルに持って行くとわーっと歓声の上がる看板メニューとなっていました。


アボカドが熟成していくとき、「気」のようなものや熱が発されます。手のひらに乗せるとそれが感じられます。開けてみなくても中の状態が伝わってきます。


スーパーで並んでいる青いアボカドは同じに見えますが、美しく完熟するものとそうでないものは外観から見分けがつきます。他にもアボカドのウンチクを語らすと止まりません(笑)

アボカド博士のこれからにご期待ください♪笑







子どもたちの未来のために

私のおばあちゃんの子ども時代には、甘いおやつはなく、アミノ酸添加の食品も、外国からの輸入食材もありませんでした。わずか三世代のうちに日本の食生活は変わってしまいました。

 

砂糖が大量生産され、こどものおやつは安価になり、親たちは安易に子ども砂糖を与えます。

惣菜や学校給食に味付けとして砂糖が使われます。

かつては甘いおかずはごちそうであったのに、日常的に砂糖を摂っていくことで、おやつはもっと刺激のあるものをほしがるようになります。

ドライフルーツや甘酒の甘味では足りない、もっと沁みるような強い甘みや旨味がほしくなります。

 

子どもたちの味覚も変えられてしまっていると思います。

娘は私の料理を大絶賛で食べますが、よその子どもたちに私の料理が受けないということも時々起こります。

子どもは単純な旨味にならされるべきではない、繊細な舌を大切にしなければなりません。

 

 

ぜひ時々、私の料理を食べてください。そして素材や調味料について、日本の食について、思いを馳せてください。

   

マクロビとか、薬膳と言われると大変そうで拒絶を感じるという方に、やさしい入門編として、その架け橋になれればと思って料理を作っています。

 

 

 

2017年、薬膳漢方検定に合格しました。

漢方の世界はあまりにも深く、学ぶことが多すぎて、メニューに生かすというところにはなかなか届きそうにありません。でもこれから勉強を続けていき、お客様の体調や体質にあったレシピの展開ができたら素敵だと思います。がんばります。

2019年Neoベジタリアン®︎料理指導士ベーシック認定

最も尊敬する京都在住の料理家東川恵里子さんに師事して、2019年Neoベジタリアン®︎認定指導士ベーシックとなりました。